老々介護 介護施設

送迎車.JPG

近所に高齢のご夫婦が暮らす、

奥さんの年齢は90歳は超えている、ご主人は70歳代。

介護施設は満杯で順番待ちだがなかなか難しいということを聞く。

奥さんは足を怪我されてから一気に身体は衰弱し車イスになる。

毎日、介護施設から送迎車が来て昼間の時間はご主人の時間になる。

一人での介護には限度があり、市役所に相談する事から始めると良い。

体力がなければ介護はする方も大変ですし、身体も精神的にもお互いに悪い。

ご主人の身体は丈夫な方だが、一人での介護は精神的にも疲れが出る。

介護疲れをよく耳にするが、一人で悩まないで我慢しない事がお互いの為。

介護施設では、カラオケをしたり、お喋り、お風呂に入ったり出来る。

介護をされている側の方も自宅に引きこもるより出かける環境が楽しい、

と奥さんは、嬉しそうに言い今日も送迎車を待ちます。

介護される方も施設での環境は気分転換になるそうです。

高齢化社会を毎日実感して見ている私は、この先体力と健康を見直します

【プールス】自動おしぼり機



この記事へのコメント

応援よろしくお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦
にほんブログ村